黒うさぎのつぶやき

ネザーランドドワーフのしぐれちゃんと家族の生活

みんな知ってる【うさぎ】の飼い方、うさぎを飼うことで癒やされる効果と気づきを紹介するブログです。

台風が来たので考える “うさぎのもしも…”

 

しぐれの家では、台風8号(メアリーっていう名前が付いてるらしい。)は、大雨が降ったり小雨になったり、やんだりの天気で、この最中も雨は降っています。ですが、多分段々やんで通り過ぎるような感じです。

大雨の被災地の方々には、お見舞いもうしあげます。

 

 

そんな雨の天気でも、家の中で生活しているしぐれは平和です。。。

お家でタピオカ食えてるしあわせ。

 

 

ですが、こんな大雨で非難が必要な事態になった時、うさ飼いはどうしたらいいかと考えます。

ペットを飼ってる方は一度は考えると思うのですが、しぐれは部屋んぽ時間が長いので極力避難しないで済むようにしたいです。。。

そうは思うけど、その時になったらそれが出来るか分かりません。だけど、ペットも家族。避難しないに越したことはありません(;^ω^)

 


www.youtube.com

 

この動画では、キャリー兼ケージになるコンパクトなライトキャリーを勧めています。

避難所生活にうさぎを持ち込むことを考えると、飼い主の避難グッズも多くなるので、うさぎの避難用品も最低限に…ということです。そして、付随する携行品としては、ペレット、大体一日分の牧草を束にしたおやつにした商品、ペットシーツ水入れ、おしっこの臭いと吸水効果のあるウッドリタ―といったところです。

備えあれば憂いなし。。。です。

 

といっても誰も避難生活をしたい人はいませんよね。この動画のコメントを見ると、

・避難所経験者談。避難所にペットを持ち込んでる人はいなかった。

・多頭飼いなのでうさぎ用の備蓄をしているので避難予定はない。

・牧草の代わりに草を食べさせるのは?

・暑い夏の停電時対策。

という書き込みがあり、参考になりました。

しぐれの家族は避難所生活を経験したことがないのですが、今の家でのハザードマップを見ると、学校も体育館も割と近いので、なんとなく大丈夫か?と考えています(;^ω^)

とにかく、うさぎを違う場所に…違う”家“に住ませることが、どんなストレスになるのか想像がつきません。未だに抱っこもさせてもらえないうちのしぐれ。動物病院に連れて行くのに何も食べなくなるくらいなので、多分、しぐれが避難所生活することになると、そこに慣れるのに1~2日以上?は掛かるんだろうなと思います。

 

そして、動画を参考に避難する場合は、少なくとも一日分の牧草を束にしたおやつを食べさせておくようにすることも前もって…です。食べ慣れてないおやつ(牧草でも)はすぐに食べてくれるとは限りません。

 

個人個人で飼い主の状況は異なるので、その時でのベストな環境を選ぶことになるのでしょうね。とにかく、“もしも…”なことが無いに越したことはありませんが、そんな時のことを想定しておくことは大事です。

 

 

もしも?なんてことは考えない🐰

 

 

 

 ~今日も読んで頂きありがとうございました。明日もいい日でありますように✨

 

 

 

 

ポチっとしていただけるとうれしいです。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村