黒うさぎのつぶやき

ネザーランドドワーフのしぐれちゃんと家族の生活

みんな知ってる【うさぎ】の飼い方、うさぎを飼うことで癒やされる効果と気づきを紹介するブログです。

🐰ではなく?私事で?失礼します…

 

ちょっと憂鬱です。。。っていうか、憂鬱そのものです。

 

ゆうーつか。

 

定時に仕事に行き、やらなければいけない仕事があると、きっと忘れてしまって余り気にならなくなるのでしょうが、主婦という仕事が無いようで有るしぐれのお母ちゃんは、気にする時間が無いようで有ります。何が気になるかというと、コブ?こぶとり爺さんのコブのようなモノが耳の下に出来てしまいました(-_-;) いや、出来たというか前から出来てたのですが、段々大きくなってきて、とうとう痛みが出てきました。

 

以前、瞼が腫れて目が開かない…とか目の下が虫刺されで腫れたとかいう記事も上げたことがあったり、どうも顔面付近に衝撃が走ることが多いです…(-_-;) 目の下の腫れは虫刺されだったので、びわの葉エキスで治癒出来ました。で、今回もびわの葉パワーで…!と何度もやってるのですが、効果がありません。

 

もう…くたばってたい…

 

コブを診てくれるお医者さんってどこなのかなぁ。。。と検索してみると、形成外科だとか。初めてお世話になる診療科目ですが、駅前の皮膚科と併設のクリニックに昨日行ってみました。問診と触診で先生が言うには、

「これは、粉瘤とかじゃないから、エコーとかCTで検査しないとね。紹介状書くからそこで検査してもらって。」

ふぅ。。。 コブに気付いた時、早めに病院に行っとけばよかったと反省(-_-;) かれこれコブが出来てから半年近く経ってたかもしれないので…。

 

そして、隣町の総合病院の予約専用電話に開始時刻過ぎに電話すると、なかなか繋がりません。一時間程経って掛け直すと繋がり予約は出来たのですが、

「申し訳ありませんが、大変混みあってまして…。予約が早くて10月の11日になります。あとは… 」

というので、

「11日でお願いします!!」

遅い…(-_-;)…と思いつつ予約してもらいました。

それまでコブの痛みに耐えれるのかちょっと心配なのですが、何となく痛みがそれまで消えてるんじゃないか?と、訳の分からない期待もしてたりします。。。(・∀・)

 

コロナ関連でどこの病院も外来患者が多くなってるのでしょうか。そういえば、ご近所さんもコロナになったと昨日聞いたり、救急車の音も夏場は多かったし。あ、でも涼しくなって救急車は減ったかなぁ。

とにかく、病院に行かなきゃならないような具合の良くない状態っていうのは、みんな辛いですね。イヤですね。お母ちゃんも食べ物や健康には気遣っているのですが、こんな風に訳の分からない症状が出てしまいました。

しかし、このことをしぐれのお父ちゃんに言うと、

「それ、スピリチュアル的にどうなのか、調べてみな?」

と来ました(;・∀・) 出た…スピ夫が言うことは度々目から鱗です。。。

ですが、これがまた調べてみると、出てくるのです。具合が悪くなる箇所毎にどういう意味があるのか?ということを示しているそうです。ほんとかどうか信じるのはあなた次第!ですが、当たってることもあるかもしれません。

とりあえず、こういうことになったのも原因と理由があるという訳で、今回も耳の下のコブでひとつ学んだ。ということにしておくと気分だけでも良くなるかもしれません(^-^;)

 

 

スピリチュアル的にうさぎって…?

 

 

 

 ~今日も読んで頂きありがとうございました。明日もいい日でありますように✨

 

 

 

 

ポチっとしていただけるとうれしいです。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村