黒うさぎのつぶやき

ネザーランドドワーフのしぐれと家族の生活

みんな知ってる【うさぎ】の飼い方、うさぎを飼うことで癒やされる効果と気づきを紹介するブログです。

コブとりばあさん、自分でコブを取る。

 

昨日の夜。

耳の下に出来たコブが痛くて、首を捻る。上を見る。下を見る。それだけでピキーっ!っと痛むのに耐えていました。

 

 

俺のからだはやわらかいぜ

 

 

貼り付けてるガーゼを隠すのに大きなマスクをしたり…(こんな時はマスクも助かる!)、処方されたホメオパシーのレメディとマザーチンクチャーという液体も、

『もう二日間飲んでるのに、余計大きくなってきてる?(-_-;)』

と、来週の総合病院の検査を待つしかないかなぁ。。。

と、時々ガックリしてたのですが、夕ご飯後、余りの腫れの為ガーゼが剥がれてきたので洗面台の前でめくってみると、膿の袋がてっぺんに見えてました。

『こ、これは…!!👀汗』

大変大変~~~!と思いながら、やりとりしてたホメオパスの方にLINEでこれこれこーで…と連絡すると、

「膿出てきましたか。良かったです。○○を摂ってください。」

と。

その後しばらく、どう対処すれば良いかやり取りをし、言われたとおりのケアを鏡を見ながらやってました。

『膿が出て良かった』のは、もしかすると、このままコブが硬いままで痛みが治まらないなら、11日にはCTとかエコーとか検査して、一週間後、結果を聞きに再度病院に行き、

「○性の腫瘍ですね。

 ○○治療をするのが一般的ですが… 」

などとお医者さんに言われて…その後の経過を頭の中で勝手にストーリーを作り始めていたお母ちゃんでした。。。(-_-;) それに最近、お父ちゃんが、家計を圧迫してた医療保険をやめてしまったのです。よりにもよってやめた途端入院することになったりして???

いやいや。こんなことを考えると自己治癒力を下げることになってしまう…。今日も昼寝よ昼寝!(-_-)zzz

と、本日も三食昼寝付き…いや。二食昼寝付き(;・∀・)主婦のしぐれのお母ちゃんでした。

 

そんな呑気なお母ちゃんとは違いますが、外国の有名人も多数ホメオパシーを利用していたそうで、音楽家ではベートーベン、ショパンシューマン、音楽家では、ポール・マッカートニーティナ・ターナーアクセル・ローズ、文豪ではドフトエフスキー、ゲーテ、アスリートではサッカーのベッカムにテニスのナブラチロワ、あと、マハトマ・ガンジーエイブラハム・リンカーン…他にも多数。更に、西洋医療をシステム化してきたロックフェラー一族もホメオパシー愛用者とのこと。国民皆保険制度のおかげで病院は身近にあり、度々お世話になってきたのですが、この前クリニックに行き、検査が13日後だったお蔭で、初めてのホメオパシー体験をすることが出来ました。

まだコブが全快するまで道のりはありますが、10月11日の検査はキャンセルになりそうなので、大事に自己治療を続けていこうと思います(`・ω・´)b 

 

 

俺もまいにちセルフケア。

 

 

 

 ~今日も読んで頂きありがとうございました。明日もいい日でありますように✨

 

 

 

 

ポチっとしていただけるとうれしいです。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村