黒うさぎのつぶやき

ネザーランドドワーフのしぐれちゃんと家族の生活

みんな知ってる【うさぎ】の飼い方、うさぎを飼うことで癒やされる効果と気づきを紹介するブログです。

うさぎの裏事情

 

今日は、朝、お父ちゃんの弁当を渡し忘れた(お父ちゃんも持って行き忘れた)ので、午前中にお父ちゃんの会社に車で届けに行った後に、しぐれちゃんのフードをいつも買うホームセンターに行きました。お父ちゃんの会社からの方が家からよりも近いので、ついでに…です。

 

で、いつもそのホムセンに行くと小動物コーナーを見に行きます。うさぎがよく売れるようになったからか、前に来た時に3羽うさぎさんが売られていたのが意外と多いなと思い驚いていました。そして、今日も、前に見たうさぎさんがそのままケージの中で3羽それぞれ展示されていました。コロナ感染予防対策のビニールクロスで覆われて…。

 

だいぶ切ない気分になって、いつもしぐれちゃんが食べている『パパイヤの葉』だけ手にして園芸コーナーの方に行きました。3羽のうちのホーランドロップといううさぎさんは、12月産まれと書かれていて体の大きさも、うちのしぐれちゃんより大きい感じでした。ずっとこの店のケージで一日中居るのかな…?もう1ヶ月以上は居るよなぁ?とか考えていました。お店の裏の方では走らせてもらうことってあるのかなぁ…?多分無いよなぁ…。あのうさぎさん達、早く誰かに買われるといいなぁ。。。うさぎとはいえそれぞれ一羽の生き物です。頭も心もしっかりあるのです。長い展示生活で気持ちがささくれなければいいけど…と願うような気持ちになりました。

 

実際、悲しい話になりますが、避妊去勢をしないで雄雌一緒にうさぎさんを飼ったお家で、『多頭飼育崩壊』になったという話がごくたまにあります。そして、『保護猫』という言葉を聞いた方はおられると思いますが、『保護うさぎ』も存在していて、うさぎさんを保護しておられる方や団体もあります。そして、そんな場所で保護されているうさぎさんを貰って育てる里親さんも居られます。ですが、譲渡の前に、そもそも、生き物のことをよく考えて命を全うするまで責任を持って飼うことがペットを飼う条件だと思います。お母ちゃんちは、しぐれちゃんの他にうさぎさんを飼うことはできませんが、いつかまたうさぎさんを飼うときは、そんなうさぎさんがいなければいいですが、居るとしたらそれもご縁で飼うことがあるかも…とも思いました。

 

            f:id:suoaei:20210408192140p:plain

 

家に戻り、長男くんが「面白いもの見つけた。」とネット上の写真を見せてきたのが、『ロディ』という子供向けのゴム製の乗り物のミニチュアで作られたロボットのフィギュア。ややこしいですね。。。

 

         f:id:suoaei:20210408203914j:plain

 

こんな風なロボットロディ(本物は赤いミニチュアロディで出来てます)の写真を見ました。100均でロディのミニチュアが売られています。そのミニチュアを14個使って針金で留めてロディロボットを作ったとのこと。これを作られたのは安居智博さんという方で、「カミロボ」という、紙でまたこの様なフィギュアを作られてるプロの造形作家さんのようです。アイデアが凄いです。。。

 

このロディを見て、うちにもこの赤いロディあったなぁ~と懐かしさと、どことなくしぐれちゃんに似てる感がある…?と思ってしまいました。

 

f:id:suoaei:20210408204709j:plain

俺、ロディじゃないよ。うさぎだよ。